企業情報

2030ビジョン

ビジョンスローガン

 

ビジョンステートメント

私たちKOAは世界を支える必要不可欠な部品メーカーとなり、

豊かな社会をつくる世界の一員でありたい。

小さな部品で世界に大きな変化を起こします。

 

地球と調和した循環型社会を目指し、社会課題の解決や

豊かな暮らしの実現に取り組むお客様の困りごとの本質を見極め、

新しい価値を提供します。


継続的な改善、高い品質による信頼関係を礎に、

革新的な考働により未来を切り開きます。

 

2030ビジョンに込めた想い

 世界は2050年カーボンニュートラル社会の実現に向けて、モビリティの電動化や、クリーンエネルギーを使った社会インフラの投資が一気に加速しています。また少子高齢化やデジタル化の進展により産業機器市場が拡大するなど、KOAにとって大きな事業機会が到来しております。

 KOAは持続可能な社会の実現に向けて、必要不可欠(Essential)な高品質・高信頼性の製品(Parts)を安定的に供給し、世界中のお客様に「安心・安全」を提供します。また、豊かな社会の実現に向けて、センサやセンサモジュールで見えないものを見える化し、「わかる歓び」という新しい価値を提供することで、イノベーションを起こすかけがえのない(Essential)、世界の一員(Part)になります。KOAの社員は個人の自分の志・ありたい姿の実現に向けて、仲間と共に働くことを通じて、一人ひとりがかけがえのない存在(Essential)を目指す、そのような想いが2030ビジョンに込められております。

 市場やお客様のご要求にただ反応するだけでは、”Essential Parts”になることはできません。KOAが培ってきたKPS活動をより「しんか」させ、KOAで働く社員が「考働」、すなわち、これまで自分たちができないと思い込んでいたことにチームで挑戦し、自発的に考え、未来を切り拓くことができるような、社員・組織の成長が不可欠であると考えています。

ふるさとから世界へ

 KOA1940年に創業し、ふるさとの伊那谷から日本そして世界へと仲間やお客様との信頼を広げてまいりました。KOAにとって影響の大きい時代の節目を「変化点」と認識し、成長の機会と捉え継続的に変革してまいりました。そして2040年創業100周年に向け、2030年のビジョンを描き、それを実現するための新しいチャレンジをスタートさせました。