企業情報

具体的な取り組み

戦略マップ

目標と実績

KOAでは、健康年齢(※1)を実年齢マイナス5歳にすることを全体目標に置いています。 最終目標達成に向けて、評価指標に数値目標を設定し、各項目をクリアすることで全体目標の達成を目指します。

         
全体目標 2018年度実績 2019年度実績 2020年度実績2021年度実績 2030年度
数値目標
健康年齢-実年齢 -1.25歳 -1.45歳 -1.10歳-1.49歳 -5歳

KOAは、社員とその家族の健康を第一に考えています。 病気の早期発見・早期治療をすることがすべての社員とその家族にとって健康な生活を維持することに繋がると考えています。そのために私たちは、精密検査・家族の特定健康診断の受診率向上を目指しています。各拠点に健康推進担当者を置き、対象者に対し積極的な受診勧奨を行っていきます。また、喫煙はがんをはじめ、脳卒中や循環器疾病、呼吸器疾病等多くの病気を引き起こす要因となるため、社内の禁煙活動を応援するイベントや支援を行うことで喫煙率の低下を目指します。さらに、生活習慣病や心臓病・脳卒中による死亡リスクを減らすことができる運動習慣の向上にも積極的に取り組んでいきます。運動習慣は、健康で自立した生活を過ごせる健康寿命と密接な関係がありますが、KOA社員は全国平均と比べて運動習慣が少ないこと(※2)から、ウォーキングチャレンジ(※3)の開催やセミナー受講を通じて運動習慣の重要性の理解・浸透・定着を図っていきます。
    
評価指数 2018年度実績 2019年度実績 2020年度実績2021年度実績 2025年度
数値目標
精密検査受診率 86.0% 82.9% 86.7% 89.5% 100%
家族の特定健康
診断受診率
89.2% 89.2% 86.3% 88.3% 95%以上
喫煙率 25.3% 24.2% 23.2% 22.5% 20%以下
週2回30分以上の
運動実施率
23.7% 23.7% 26.2% 27.3% 40%以上
ウォーキングチャレンジ
参加率
- - 20.4% 20.2% 30%以上

2022年度実績は、2023年6月に更新

※1.健康診断や人間ドックの結果から、健康状態が何歳相当かを表す健康の指標です
※2.KOA健康保険組合による分析より
※3.1日の歩数目標を決め、チームを組んで取り組む社内イベントです。

健康促進への取り組み

KOAでは社員とその家族の健康促進のため、KOA健康保険組合と協力しながら、以下のような取り組みを行っています。

疾病予防
(生活習慣病予防)
・定期健康診断100%受診
・精密検査受診勧奨
・特定保健指導実施
・家族の特定健診勧奨
・婦人科健診実施
・虫歯ゼロ運動(歯科検診と治療勧奨)
・インフルエンザ予防接種実施
・人間ドック脳ドック補助
・禁煙勧奨
・生活習慣に関わる研修
メンタルヘルス ・全員面談実施
・相談窓口の強化
・メンタルヘルス研修実施
健康増進 ・ヘルスケアアプリ(PepUp)活用による健康促進
・ウォーキングチャレンジ実施
・健康セミナー実施
・運動施設提供
・運動サークルへの補助
・遊歩道の整備
・自然調味料を使用した社員食堂

KOA健康保険組合60周年記念動画

2021年度、KOA健康保険組合は設立60周年を迎えました。
社員の協力のもと、記念動画を作成しました。動画はこちらからご覧いただけます。

KOA健康保険組合と連携を取りながら、今後も社員とその家族への健康促進に取り組んでまいります。

メディア掲載

健康経営推進の取り組みを、サントリーウエルネス様に取材いただきました。
▼公開記事
https://www.suntory-kenko.com/company/interview/0033.html