製品情報

インダクタの使い方

インダクタの使い方

発振周波数をコントロールする

VCOの発振周波数は可変容量ダイオードに加える逆バイアス電圧によってコントロールします。この制御電圧ラインに高精度なL値を持つ、 KOAの空芯インダクタKQを用いる事で、バラツキの少ない高インピーダンスを得ることができるため、安定した発振を可能にします。

インダクタの使い方 発振周波数をコントロールする

高周波信号のアイソレーション確保

TVセットやチューナー内蔵機器には、1台の中に複数の高周波ブロックが搭載されています。例えば、地デジチューナーやBS/CSチューナーが一緒に存在する場合、互いの高周波信号の漏れが思わぬトラブルを引き起こします。
このような場合、共通に接続されているDCラインに巻線形インダクタを挿入することにより、改善することができます。
KOAの空芯チップインダクタKQは実装性にすぐれたチップタイプです。

制御電圧ラインへの薄膜インダクタの応用例

製品のお問い合わせはこちら

お客様の課題に合わせてご提案します。お気軽にご相談ください。