ニュースリリース

電流検出用抵抗器SLPシリーズをリリース T.C.R.±50×10-6/K

2020.01.08

樹脂モールド構造で最大定格電力2W 低背(0.635mm)で小型

電流検出用チップ抵抗器SLP|KOA

KOAは電流検出用チップ抵抗器「SLPシリーズ」をリリースしました。
抵抗値範囲10m~100mΩのラインアップで、抵抗温度係数±50×10-6/K。
低抵抗領域(10m~40mΩ)では、最大定格電力2Wに対応します。
5025mmと6432㎜サイズ、低背構造(高さ0.635mm)で、回路の小型化・高精度化に貢献します。AEC-Q200に対応
用途例:DC-DCコンバータなど車載用・産業用機器

詳細はお問合せください。サンプル対応開始。

形 名 定格
電力(W)
定格端子部
温度 (°C)
T.C.R.
(×10-6/K)
抵抗値範囲Ω 使用温度範囲
(°C)
D: ±0.5%/ F: ±1.0%
SLP2H 1 110 ±50 10m~100m -65~+170
SLP2HW 2 70 ±50 10m~40m -65~+170
SLP3A 1 110 ±50 10m~100m -65~+170
SLP3AW 2 70 ±50 10m~40m -65~+170

国際カーエレクトロニクス技術展への出展情報はこちら

他の電流検出用抵抗器のラインアップをみる

製品・技術・ご購入に関するお問い合わせはこちら

お客様の課題に合わせてご提案します。お気軽にご相談ください。