Select Your Region


    •  
製品情報
Products

KOA株式会社 > 製品情報 > 温度センサ・サーミスタ > 温度測定をしたい [白金薄膜温度センサ]

温度測定をしたい [白金薄膜温度センサ]

高精度に温度測定をしたい!

長期間にわたって安定して正確に温度の測定をするためには


①温度変化に対して抵抗値が一定の変化をする
②使用温度範囲で長期安定性がある

製品が必要です。

①温度に対して高精度の直線性がある

KOAの白金薄膜温度センサはリニア正温度係数抵抗器の中でも直線性が良い製品です。
演算値ではなく実測値で分解能を上げることができます。

②優れた長期安定性がある

KOA推奨製品
SDT310HCTP

KOAの小形白金薄膜温度センサSDT310HCTPは独自の構造により抵抗値変化率が300℃1000時間で±0.06%(保証値)、400℃1000時間で±0.12%(保証値)の長期安定性を実現しています。

幅広い温度の測定をしたい!

KOAの白金薄膜温度センサは、使用温度範囲が-55℃~+650℃までと幅広く、全温度範囲で許容差を保証している製品もあります。

温度センサの一種である熱電対と白金温度センサを比較すると・・・

産業機器や計測機器で一般的に使用される、-55℃~+300℃の温度範囲では、白金薄膜温度センサの方が高精度です。

どんな回路があるの?

温度計測の回路例・高精度に使用する接続方法

温度計
熱電対温度補償回路

高精度に使用する接続方法

通常は2線式であるが、3線式や4線式にして線抵抗を打ち消します。

白金薄膜温度センサの端子数および接続方法
製品のお問い合わせはこちら
お客様の課題に合わせてご提案します。お気軽にご相談ください。
インターネットからの
お問い合わせはこちらから

在庫検索