•  
採用情報
Recruit

KOA MIND

創業以来、強く息づくKOAのマインド


脈々と受け継がれるKOAの精神

社訓

KOAは、創業者である故向山一人が生まれ育った農業・養蚕業中心の貧しい地域"信州伊那谷"に安定した収入を得られる工業を興したいと「農工一体」のビジョンのもと、1940年に創業した会社です。「企業は存続し続けなくてはならない」、そして「地域の雇用を活性化することによって利益を還元していくもの」という企業精神のもと、電子工業の種を蒔き、多くの方々に支えられながらそれぞれの地域社会とともに成長を遂げてきました。

その創業の精神の根幹にあるのは、社内はもとよりお客様との信頼関係、そして社会との信頼関係というあらゆる面での「信頼」の構築であります。

また「どこよりも明るく楽しい職場をつくろう」という社是には、お互いの信頼に基づいたチームワークの上で、一人ひとりが自分の力を精いっぱい出し切って働き、仕事の充実感を味わいつつ目標を達成していく姿と、その成果が会社の成長と個々の生活の安定につながってゆくという意味合いが込められています。

日本国内のみならずワールドワイドでも事業活動を続け、創業から70年以上経た現在においても、この創業の精神は変わることなく社員一人ひとりに脈々と受け継がれているのです。

企業経営の価値観を『有限・循環・調和・豊かさ』に

社訓2

このような創業の精神を大切にしながら、KOAではさらなる進化を遂げていくために、新たな時代背景や環境の変化に適応した経営・企業活動が求められていると考えます。

20世紀は人口爆発に代表されるような「無限・拡大・征服・利便性」といった人類本位をコンセプトとした時代でありましたが、その結果、人類のみならず地球上のあらゆる存在が存続の危機を迎えてきているといえるでしょう。私たちはこのような現実を直視し、自らの企業経営の価値観を「有限・循環・調和・豊かさ」にシフトし、企業活動に活かす努力を続けております。

「地球あっての人類、人あっての経営」という地球環境との調和を念頭に企業経営を推進しています。

「5つの主体」との信頼関係構築をKOAの使命(ミッション)として

この「有限・循環・調和・豊かさ」という企業経営の価値観を高めていくために、KOAでは「お客様・お取引様」「株主様」「社員・家族」「地域社会」「地球」という5つの主体との信頼関係の構築に努めていくことを使命(ミッション)としています。

お客様の期待にお応えできる高品質な製品づくりや業界最高レベルの技術・サービスの提供、全員参加の経営改善活動KPS(KOA Profit System)の推進、循環型地域社会のモデルづくりを目指すおてんとうさま活動、働き甲斐を実感できる事を目指した人事制度、KOAらしい評価基準に基づいたKOAグループ表彰、その他にもKOA森林塾や感謝祭など…。これらのさまざまな取り組みには、5つの主体に支えられているからこそ私たちは成り立つことができるという"おかげさま"のマインドが流れているのです。

現在KOAでは、さらなる飛躍と成長を実現していくために、私たちの持つマインドと価値観に共鳴し、ともに働きがいを実感していただける新たな仲間を歓迎します。