•  
製品情報
Products

KOA株式会社 > 製品情報 > 電子部品の使い方 > ジャンパー素子の使い方

ジャンパー素子の使い方

ジャンパー素子の使い方

ジャンパー素子の使い方

チップ抵抗器あるいはリード線形抵抗器の形状をした、抵抗値が非常に低い抵抗器を「ジャンパー素子(ジャンパーチップ・ジャンパーリード)」と呼びます。他の抵抗器と同様に自動実装機で扱うことができます。
片面基板でパターン接続ができないためにやむなく使用する場合もありますが、積極的に使用する場合も多いものです。将来、抵抗器を取り付ける可能性がある場合など、あらかじめランドを設けて「ジャンパー素子」で接続しておき、必要に応じて置き換えます。  
高周波信号や大電流を流すプリント基板の場合、たとえスルーホールが使える両面基板であってもあえて「ジャンパー素子」を使用して電流経路を短縮する場合があります。スルーホール材質が銀の場合などは抵抗値が大きくなりがちなので、グランド接続などの要所には銅をベースにした「ジャンパー素子」を用います。
「ジャンパー素子」は別名「ゼロオーム抵抗器」などと呼ばれますが、実際は構造上わずかながら抵抗値を持ちます。この値が許容できない大電流を流すような回路では、J-Z JLなどのジャンパー線を使用します。面実装タイプならモールドタイプの大電流ジャンパーチップSLZ、金属板タイプの大電流ジャンパーチップTLRZなどを推奨します。

タイプ 形状 品種 品名 抵抗値 最大許容電流
面実装 角形チップ 角形ジャンパーチップ抵抗器 RK73Z 50mΩmax. 0.5~2A
円筒形チップ MELF形クロスコンダクタ CC 20mΩmax. 2~5A
モールド形 大電流用ジャンパーチップ SLZ1 0.5mΩmax. 44A
金属板 大電流用ジャンパーチップ TLRZ 0.2mΩmax. 26A~40A
リード リード線形 塗装絶縁形ゼロ固定抵抗器 Z 20mΩmax. 1.5~2.5A
リード線形 絶縁形ジャンパー線 J-Z 10mΩ/cm 8~10A
リード線形 ジャンパー線 JL 8~10A

高周波を扱うパターンではジャンパー素子を通る信号と素子の下をクロスする配線パターン信号との干渉に注意してください。

製品のお問い合わせはこちら
お客様の課題に合わせてご提案します。お気軽にご相談ください。
インターネットからの
お問い合わせはこちらから