•  
製品情報
Products

KOA株式会社 > 製品情報 > 電子部品の使い方 > 大電流用ジャンパーチップ

大電流用ジャンパーチップ

ジャンパー素子の使い方

大電流で使用可能な『大電流用ジャンパーチップ』

大きな電流が流せる大電流用ジャンパーチップを紹介します。従来より、面実装タイプのジャンパー素子としては、別名ゼロオーム抵抗とも呼ばれる角形チップタイプが広く使用されていますが、ゼロオームとはいっても構造上数十mΩ程度のわずかな抵抗値を持っているため、最大で使用できる電流値には制限(最大許容電流)がありました。そこで、もっと大きな電流が流せる面実装タイプのジャンパーチップはないか?という要望に応える大電流用ジャンパーチップについて解説します。

ジャンパーとは

チップ抵抗器やリード線形抵抗器の形をした、抵抗値が非常に小さい素子を『ジャンパー素子(ジャンパーチップ、ジャンパーリード)』と呼びます。片面基板でパターンをクロスさせなくてはならない時にやむなく使用する場合もありますが、将来、抵抗器を使用する可能性がある箇所にあらかじめランドを設けておいて、ジャンパー素子を使ってパターンを接続したり、また、当初は抵抗器を使っていたけど設計変更で不要になった場合や、機種によるバージョンや機能の切り分けなどでパターンを接続するために使用する場合もあります。

ゼロオーム抵抗はゼロオームではない?

ジャンパーチップは別名ゼロオーム抵抗とも呼ばれます。パターンを短絡するため抵抗値が非常に小さいためです。ただ、ゼロオームといっても従来の角形チップタイプのような構造では、その構造上、数十mオームの抵抗値を持っていました。そのため、使用できる電流値の最大値である最大許容電流が比較的小さく、その電流値を超えて使用することはできません。金属板タイプの大電流用ジャンパーチップSLZ1, TLRZは抵抗値が小さく、大電流での使用が可能です。

タイプ 形状 品種 品名 抵抗値保証 最大許容電流
リード リード線形 塗装絶縁形ゼロ固定抵抗器 Z 20mΩmax. 1.5~2.5A
リード線形 絶縁形ジャンパー線 J-Z 10mΩ/cm 8~10A
リード線形 ジャンパー線 JL - 8~10A
面実装 角形チップ 角形ジャンパーチップ抵抗器 RK73Z 50mΩmax. 0.5~2A
円筒形チップ MELF形クロスコンダクタ CC 20mΩmax. 2~5A
モールド形 大電流用ジャンパーチップ SLZ1 0.5mΩmax. 44A
金属板 大電流用ジャンパーチップ TLRZ* 0.2mΩmax. 26A~40A

TLRZは1608/2012/3216サイズをラインアップしています。

大電流ジャンパー使用用途例

電源回路など、大電流を使用する回路での大電流ジャンパー使用例

・設計変更等で不要となった部品(ヒューズ、電流検出抵抗など)の短絡
・製品バージョンの違いにより回路機能の切り替え
・回路ブロックの接続(不具合解析のための回路ブロック切り分け)
・大電流パターンのバイパス(低インピーダンス接続、ノイズ・不要輻射対策)、など

評価や設計変更により
不要になった部品への代替
開発段階の評価や市場での
不具合解析用(負荷側の異常と
電源側の異常の切り分けなど)
大電流パターンのバイパス
(低インピーダンス接続、
ノイズ・不要輻射対策)
不要部品への代替イメージ 不具合解析用の使用例イメージ 大電流パターンのバイパスのイメージ
製品のお問い合わせはこちら
お客様の課題に合わせてご提案します。お気軽にご相談ください。
インターネットからの
お問い合わせはこちらから