•  
製品情報
Products

抵抗器の基礎

抵抗器とは

抵抗器とは何か?を知るには、先ず"オームの法則"を知る事が重要です。
これが抵抗器を知る上で基本となります。
オームの法則とは、『導体に流れる電流が、導体の両端の電圧に比例する』事です。
ここに電圧をE(V:ボルト)、電流をI(A:アンペア)とすると、次の関係が成り立ちます。

オームの法則

Rは比例係数で、これを抵抗(電気抵抗)と呼び、抵抗の量記号をR、抵抗値の単位記号をΩ(オーム;ohm)、表示の記号は下図のように表します。

[抵抗器の回路記号]

抵抗器の回路記号

電流は抵抗が大きいと流れにくくなり、小さいと流れやすくなります。言い換えれば、抵抗器は、回路に流れる電流を一定に保ったり、必要に応じて変化させたりするための部品です。また抵抗器は、電圧を下げたり、電圧を分けたりすることにも使用されます。
このように抵抗器は、キャパシタ(コンデンサ)・インダクタ(コイル)とともに主要な受動部品であり、電子回路の基本部品の一つとして、なくてはならない部品です。

抵抗器の材料構成と役割

抵抗器は基本的に次の4要素で構成されています。

基体 :抵抗体と端子を支える部分

抵抗器の基体にはアルミナ系碍子が最も多く使用されています。
抵抗器の使用目的に応じた素材(熱伝導率・熱膨張係数・機械強度など)を選択する必要があります。

抵抗体:抵抗器の基本特性・性能を決定する部分

電気抵抗
ここに、右図のような物質があったとします。
断面積[cm2]:S
長さ[cm]:L
物質の固有抵抗[Ω・cm]:ρ
とした場合、
この物質の電気抵抗Rは R=ρ・L/S [Ω]となります。
電気抵抗の出し方


主な金属の固有抵抗及び温度係数

端子 :抵抗体と基板(回路パターン)などを電気的、機械的に接続する部分

電圧又は電流を印加する部分であり、実装方法に合わせた端子構造・形状の抵抗器を選択しなければなりません。
実装密度の向上・実装コストの削減のため、現在では面実装部品(SMD)が主流となっております。

外装 :抵抗体や基体を外気や機械的ストレスから保護する

外装の目的と外装材料の種類の図

抵抗器の構造図例

●角形チップ抵抗器
チップ抵抗器の構造図
●リード挿入抵抗器(皮膜タイプ)
リード形抵抗器の構造図
製品のお問い合わせはこちら
お客様の課題に合わせてご提案します。お気軽にご相談ください。
インターネットからの
お問い合わせはこちらから