•  
製品情報
Products

KOA株式会社 > 製品情報 > 電子部品の基礎知識 > 薄膜白金測温抵抗体の紹介

薄膜白金測温抵抗体の紹介

薄膜白金測温抵抗体の紹介

弊社の薄膜白金測温抵抗体SDTシリーズのラインアップは、SDT101シリーズ(アキシャルリード付円筒形タイプ)、SDT310シリーズ(板状ラジアルリードタイプ:JIS・DIN規格準拠製品)、SDT73H・SDT73V(SMDタイプ)の3種類があり、SDTシリーズを保護管に封入加工するなど2次加工した製品のSTシリーズもあります。下記に各製品の概要を紹介します。主要定格を(表1)に、抵抗値-温度特性を(図2)に示します。

表1.SDTシリーズ定格表


図2.温度抵抗特性

SDT101シリーズ

JISの薄膜白金測温抵抗体に比較して安価です。弊社では1982年から出荷しており、温度抵抗特性の近似式が用意され、設計時の回路計算に使用できます。また、素子部が円柱形状のため方向性がなく、自己発熱を利用した風速や流量のセンサとしても優れています(写真1)。主な用途は、ロードセルの温度補償・自己発熱を利用した風速センサ・熱電対の零接点補償・自動車の電子燃料噴射装置の流量測定・各種温度センサの補償用です。

写真1.SDT101、310、73シリーズ

SDT310シリーズ

SDT310シリーズは小形(3.0×2.0mmサイズ)で、1kΩが作成可能で優れた応答性と直線性を有しています。このシリーズの中でSDT310LTははんだ付けによる外部リード線付けが容易な製品です。 SDT310MTは熱電対または、高価な巻線タイプでしか測定できなかった650℃の温度に対してCLASS Bを実現しています。主な用途は、高精度温度測定・熱電対の零接点温度補償・制御基板の温度補償・電子機器の温度管理等です。

SDT73HSDT73Vシリーズ

面実装タイプの薄膜白金測温抵抗体で、抵抗温度特性(T.C.R.)がJIS・IC規格に準拠しています。SDT73Vは車載試験規格AEC-Q200に準拠しています。

SDT732BG

カスタム対応品のSDT732BGはワイヤーボンディング対応の製品のため各種高精度センサモジュール内の温度補償に好適です。最高使用温度+400℃を実現しており、高温度環境下でも使用可能です。主な用途は、熱電対の零接点補償・光通信モジュールの温度補償です。

STシリーズ

SDTシリーズを保護管に封入したり、リード線を延長したり、基板に搭載した、カスタム製品です。一例を(写真2)で紹介します。

写真2.STシリーズ

今後更に小形化、高精度化、高温度化や測定温度範囲の広い製品を揃え、お客様のご要求に柔軟に対応できるようラインアップを充実してゆく予定です。
製品のお問い合わせはこちら
お客様の課題に合わせてご提案します。お気軽にご相談ください。
インターネットからの
お問い合わせはこちらから