•  
製品情報
Products

基板内蔵用抵抗器

超高密度実装に寄与する『基板内蔵用抵抗器』

これまで電子機器の高密度実装化は主に電子部品の小型化により実現してきましたが、小型化により定格の低下が伴うことから電子部品の小型化も限界に近づいています。 一方スマートフォン、タブレットなどの情報端末では寸法的な制約やバッテリー容積の確保の必要性から更なる小型化を実現するために実装技術のブレークスルーが課題とされており、この解決策として部品内蔵基板技術が開発されています。 部品内蔵基板を用いることで、機器の小型化、薄型化、電源のインピーダンス低減、配線経路の最適化による信号伝送の品質改善などのメリットがあります。

図1. 表面実装も限界に
表面実装の写真

部品内蔵基板の種類

部品内蔵基板はDES(Device Embedded Substrates)と略され、その名の通り基板の中に電子部品を内蔵するものですが、 部品の種類や内蔵方法によっていくつかの方式があります。以下に代表的な方式を示します。

表1 部品内蔵基板の分類
内蔵方式 汎用SMD内蔵方式 低背EPD内蔵方式 膜素子形成方式
内蔵受動部品 汎用表面実装部品 基板内蔵用薄型部品 厚膜印刷素子など
部品厚み 0.23mm/0.33mmなど 0.14mmなど 0.02mm前後
部品電極 Snめっき Cuめっき
接続方式 はんだ接続 レーザービア+Cuめっき接続 熱硬化など
特徴 ・従来の表面実装技術を応用可能
・厚さの異なる部品にも対応
・基板が厚い
・はんだの再溶融防止が必要
・ビルドアップ基板プロセスや設備を転用可能
・基板の薄型化が可能
・厚さの異なる部品への対応に難あり
・超薄型化が可能
・接続信頼性が高い
・定数許容差が大きい
・外部応力、経時変化の影響あり
構造図

<用語の意味>
• SMD(Surface Mount Devices) :表面実装部品
• EPD(Embedded Passive Devices) :基板内蔵用受動部品
• DES(Device Embedded Substrates) :部品内蔵基板

SMD内蔵方式

汎用表面実装部品をはんだなどを用いて実装する方式です。部品のラインアップも多く、 既存の表面実装技術・設備を使用することが可能となっています。 サイズや定数により部品厚みが異なりますがはんだ付け接続方式では厚みに影響を受けず内蔵が可能です。 一方、汎用品を使用しているため基板が厚くなる傾向にあります。 一例として1005サイズの抵抗器(厚み0.33mm)を内蔵した場合、4層基板で0.7~0.8mm程度となります。 また、部品内蔵基板の表面に部品実装した場合、内蔵時に使用したはんだがリフローの熱で 再溶融する恐れがあるため、使用するはんだ材料や埋め込み樹脂材料の選定が重要です。

低背EPD内蔵方式

基板の内層に埋め込むために開発された低背EPDを用いて内蔵する方法です。 主な工法としては基板のコア材上にEPDを搭載し、埋め込み樹脂や銅箔を積層プレス後レーザーで EPDの電極上に穴あけを行い、Cuめっきで基板の銅箔とEPDの電極を接続します(レーザービア方式)。 プリント基板のビルドアップ工法を適用できるため、設備投資を抑えることが可能です。 基板の薄型化が可能でたとえば1005サイズの抵抗器(厚み0.14mm)を使用した場合、 4層基板で0.4~0.5mm程度となります。 EPDは基板の薄型化を実現するため部品厚みを低背(代表値:0.14mm)としており、 EPDの電極はCuめっきとの相性の良いCuめっき電極を形成しています。 また、部品搭載時の搭載精度、レーザー穴あけ時のアライメント精度を考慮し、 SMD部品よりも電極寸法を広くしています。 抵抗器の場合部品厚みを揃えることが可能ですが、キャパシタは静電容量・耐圧により厚みが違うため、 異なる厚みのEPDを内蔵する場合にはプロセスの工夫が必要です。

写真1 部品内蔵なし(透過画像)
写真2 部品内蔵状態(透過画像)

写真3 部品内蔵基板断面【協力:三次元半導体研究センター】

膜素子形成方式

基板の層間に抵抗体や誘電体を厚膜印刷などで形成する方法です 。素子が薄いため基板の厚みを極めて薄くすることが可能です。 反面、高精度のものを実現しにくいことや、基板の耐熱性面で高温での素子形成が困難なため、 表面実装時のリフロー熱で抵抗値や静電容量が変化し、経時変化も大きい傾向にあります。 特に高温環境下で使用される場合は注意が必要です。 部品内蔵基板とは異なりますが、抵抗器、キャパシタ、インダクタなど内層膜素子の高温焼成が 可能なLTCC(Low temperature Co-fired Ceramic)基板もあります。

アプリケーション例

•各種モジュール
•スマートフォンメイン基板、サブ基板
•部品内蔵インターポーザ

基板内蔵用抵抗器 XR73の特長

レーザービア方式に対応した銅めっき電極
製品厚み0.14mm(typ.)の低背
電極幅0.20mm以上を確保
汎用SMD抵抗器RK73シリーズと同等の電気的特性

お問い合わせ

KOA株式会社 プロダクトマネージメントグループ
TEL: 042-336-5300
専用フォームによるお問い合わせ:

KOAでは福岡大学、三次元半導体研究センターと協力し、部品内蔵基板技術の研究、開発、 部品内蔵基板ビジネスの拡大に取り組んでおります。

製品のお問い合わせはこちら
お客様の課題に合わせてご提案します。お気軽にご相談ください。
インターネットからの
お問い合わせはこちらから