Select Your Region


    •  
ニュース
News

KOA株式会社 > ニュースリリース > イベント・お知らせ > 「CEATEC JAPAN2016」に出展しました

「CEATEC JAPAN2016」に出展しました

*本展示会は終了しています。
KOAブースイメージ/CEATEC JAPAN2016

KOAは2016年10月4日から7日まで幕張メッセで開催されるCEATEC JAPAN 2016に出展致します。
弊社製品をより具体的に感じ取って頂くよう、様々な実演を用意しています。

ひとつは、自動車に対応した製品として次世代の環境対応自動車に必要な電流センサ「シャント」をはじめとする
電流検出ソリューション,車載機器それぞれに適した製品群の使われ方を具体的に展示します。
また,弊社独自の「風センサ」のアプリケーションとして風の見える化をLEDサイネージとプロジェクションの2種類で展示します。普段見ることができない風の流れを目で見て体感いただくことができます。
さらに各種センサモジュール(傾斜センサ,酸素センサ,風センサ)について実演を交えて展示します。
IoT/CPSによって生活の様々な場面で,KOAの製品がより身近になることを目指しています。

CEATECにお越しの際は、弊社ブースにも是非お立ち寄りくださいますよう、社員一同お待ち申し上げております。

概要

CEATEC JAPAN2016へ(外部サイト) 会期:2016年10月4日(火)~7日(金)(10:00~17:00)
会場:幕張メッセ(外部サイト) 第5ホール No. 5C48

KOAブース位置/CEATEC JAPAN2016  

主な展示製品

多彩なセンサソリューション

  • 電流センサ(シャント)
  • 風の見える化(IoT対応)
  • 傾斜センサモジュール
  • 酸素センサモジュール
uchiwa

新製品1 小型高応答温度センサ SDT310VASP 

小形温度センサSDT310VASP/KOA
  • 熱式流速センサに適したヒーター素子
  • 素子の小型化により応答性が大幅に向上
  • 耐熱性600℃により高温環境下での温度測定が可能

新製品2 車載向け電流検出用チップ抵抗器 UR73V2A 

車載用厚膜チップ抵抗器UR73V/KOA
  • 超低抵抗10mΩ~のラインアップにより,比較的大きな電流検出に好適
  • 抵抗温度係数を改善し,温度変化が大きな環境でも高精度の電流検出が可能

セミナー情報: 温度測定の落とし穴~熱設計の課題と対策~

タイトル: 温度測定の落とし穴~熱設計の課題と対策~
セッションNo. EX5-1
日時: 10月5日(水)11:00~12:00
場所: ホール5 セミナー会場Room 1

※ご聴講予約はCEATEC JAPAN 2016公式ホームページ(外部サイト)
コンファレンス → 開催日別よりお申し込みください。

お問い合わせ

KOA株式会社 技創りセンター 応用技術グループ
E-mail:mcd@koanet.co.jp

インターネットからの
お問い合わせはこちらから