Select Your Region


    •  
株主・投資家情報
Investor Relations

営業の概況

売上の状況

2016年(暦年)の全世界における固定抵抗器需要は3,140億円となり、昨年に比べ2%程度減少したものと推定しています。地域別に見ると、アジアでは、自動車や家電向けの需要が伸びましたが、各国の現地通貨に対して大幅な円高となった影響により減少、日本は、自動車や産業機器向け需要を中心に増加、北米は、産業機器向け需要は堅調でしたが、為替の円高により減少、ヨーロッパは、為替の円高によるマイナス影響がありましたが、自動車向け市場の拡大により増加しました。
KOAグループの売上高は、アジアでは、上期の売上が落ち込んでいましたが、下期は自動車や家電向け需要が急速に回復したことにより、年度では昨年並みとなりました。日本では、自動車向けや産業機器向けを中心に主要な用途のほぼすべての需要が好調に推移し、4%増加しました。北米では、産業機器向けは増加しましたが、自動車向け需要の停滞に加え、為替の円高影響もあり、7%減少しました。ヨーロッパでは、為替の円高影響があったものの、自動車向けが大きく伸びたことや、産業機器向けなどの増加により、3%増加しました。

収益の状況

当期業績は、売上高456億円、営業利益31億36百万円、経常利益33億23百万円、親会社株主に帰属する当期純利益25億63百万円となりました。対前期比では、売上高は1億37百万円(0.3%)増加、利益面では、営業利益5億45百万円(21.0%)、経常利益3億52百万円(11.9%)、親会社株主に帰属する当期純利益5億64百万円(28.3%)、それぞれ増益という結果になりました。
売上高については、USドル、ユーロ、アジア通貨の為替相場の変動によるマイナス影響がありましたが、実質的な販売量が増加し、増収となりました。
収益については、材料費低減、売上構成に占める高付加価値製品の増加などにより限界利益率が改善しています。
年間平均での当期の実績為替レートは、USドル108円67銭、ユーロ118円65銭となり、対前期比では、USドルでは11円45銭の円高、ユーロでは13円83銭の円高になっています。
為替の年間影響額は、USドルの1円の変動につき、売上高では約1億90百万円、営業利益では約1億20百万円の影響、ユーロは1円の変動につき、売上高約30百万円、営業利益約20百万円の影響があります。
当期の営業外収支は、受取利息・配当金などで1億87百万円のプラスになりました。
特別損益は、営業所移転に伴う土地の売却益で7億9百万円の特別利益を計上、また、環境対策引当金繰入額として4億2百万円の特別損失を計上いたしました。

貸借対照表

当期末の総資産は718億59百万円となり、前期末に比べて26億90百万円増加しました。
流動資産は、「現金及び預金」が16億32百万円、売上債権が13億58百万円増加し、流動資産全体では32億25百万円増加しました。
固定資産は、営業所の土地売却、海外資産の為替換算により、「有形固定資産」が10億32百万円減少しましたが、投資有価証券の評価益により「投資その他の資産」が5億47百万円増加した結果、固定資産全体では5億35百万円減少しました。
流動負債は、仕入債務、未払法人税、引当金の増加などにより11億68百万円増加しました。
固定負債は、「従業員持株ESOP信託」 制度の導入による借入金が発生し、2億2百万円増加しました。
純資産は、利益剰余金の増加により、13億20百万円増加しました。

キャッシュ・フローの状況

営業活動によるキャッシュ・フローは、減価償却費及び売上債権の増加などにより41億1百万円の流入を確保することができました。
投資活動によるキャッシュ・フローは、有形固定資産の取得による支出23億13百万円などにより15億49百万円の資金の流出となりました。
財務活動によるキャッシュ・フローは、配当金の支払などにより9億29百万円の流出となりました。
これらの結果、当連結会計年度における現金及び現金同等物の期末残高は、期首に比べ13億13百万円増加し、179億23百万円になりました。

研究開発費と設備投資、減価償却費

研究開発費は20億60百万円となり、対売上高比率は4.5%となりました。当社は引き続き、車載や産業機器などの高精度・高信頼性が求められる市場に注力していきます。2017年度の年間研究開発費は22億円となる見込みです。
2016年度の設備投資は22億72百万円となりました。投資内容は、自動化ラインの製作、新製品開発、品質向上のための機械装置が中心となりました。
減価償却費は前年並みの23億44百万円となりました。
2017年度の年間設備投資額は35億円、減価償却費は23億円となる見込みです。

売上高構成比

地域別固定抵抗器需要(当社推定)

地域別固定抵抗器需要(当社推定)

地域別売上高

地域別売上高